千葉県権利擁護支援ネットワーク MCAP

当法人について

  • HOME »
  • 当法人について

設立主旨

千葉県権利擁護支援ネットワークは、障害のある方や認知症などの高齢者等の支援者をサポートすることを目的として設立されました。
それらの支援者たちが孤立しないよう、協力します。

MCAPは、Mental Capacity Adovocate Profession Chibaの略称です(千葉の専門職による内面的支援)

理事長挨拶

蒲田孝代

今日のような複雑な社会では、高齢者や障がいのある方たちが、普通に社会生活をおくることができるには、困難がともないます。
しかし、私たちの社会は、障がいがあるか否かにはかかわらず、共に普通に生活できる社会でありたいものです。
千葉県権利擁護支援ネットワークは、福祉、刑事、民事、家庭問題、登記実務、税務などそれぞれの分野に精通している弁護士、司法書士、社会福祉士、税理士がこれまでに積み重ねてきた経験や知識、技術を活用して高齢者や障がいのある人、そして、ご家族をはじめ様々な立場で支援しておられる人たちのご相談にのり、よりよい環境の中で生活ができるように、可能な限り助力をしたいと考えて集まった専門家の団体です。

 

 

一般社団法人 権利擁護支援ネットワークMCAP
代表 蒲田孝代

運営方法

運営委員11名による合議制(上記役員外弁護士・司法書士・税理士・社会福祉士)
1ヶ月1回運営会議を開催し、運営方針の決定、要請事項に対する具体策の検討などを決定します。
総会は毎年1回

最新イベント情報

2017年12月3日イベント banner

パンフレット

MCAPのパンフレットはこちら pamph-banner

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 千葉県権利擁護支援ネットワーク MCAP All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.